ジブン手帳にペンホルダーがないなら、革で作ればいいじゃない。

ジブン手帳はあってもペンホルダーがついてない。

手帳用のハードカバーを買えば、ペンホルダーがついてくるけど。手帳のカバーってごついので、私は苦手で使えない。

そもそも、多色ペンとLAMYを愛用してる身としては、市販で売っている後づけできるペンホルダーでも
細いものばかりで、そもそも刺さらない。

 

作るしかないよね。

材料

・お手持ちの手帳

・革のハギレ

・ハトメ

・金槌

・ハトメパンチ(穴を開けられそうなものならなんでも)

 

1、まずは皮を細長くカットします。切ったら、刺したいペンにくるんとまいてみて大体の大きさを確認します。

image

2、穴をあける。

なぜだか、私は百均のピンバイスと同じく百均のヤスリで必死になって穴を広げていましたが、世の中便利な革用の工具があるのでね。変なチャレンジ精神は起こさずに、普通にハトメパンチというものを使ったほうがずっと早いし、楽です。

image

この革は、前になにかで使ったもののあまりなので、すでに真ん中に穴が空いていますが、無視してください。

image

3、ハトメを刺す。

image

ぐるっとまわして、ハトメを金槌で叩く。

ちょっと、うるさいので時間は気にしましょう。

もしくは、音を吸収するように布はさんだりね。

image

 

そして、あとで気づいたのですが……ハトメ打つのが一個だけだと、ペンホルダーがぐるぐる動いて大変でした。

なので、応急処置としてボンドをつけた。。

もうちょっと革を分厚く切って、2箇所をハトメでとめるといい感じになると思います。

 

 

 

image

 

こちら、完成したところ。

ちょっと、革の分厚みがでてしまったので、気持ち薄めの革をおすすめします。

image

 

 

投稿者:みきこ
投稿日:2015/01/28 8:45:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みきこ

みきこステラボ副編

投稿者プロフィール

モレスキン。トラベラーズノート。手帳は人の使い方みるのすき。文具。本。言葉。紅茶党。最近は珈琲のめるように。断捨離。着物。民俗学。怖い話も好き。活字中毒と思っていたら物語中毒でした。音楽。rock。iphone。

この著者の最新の記事

関連記事

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る
Dog