感動をその場で記録して持ち帰りましょう、発見の手帳ケース

手帳をサッと取り出して、さっと書く、もらったチラシなんかをサッとしまっておく、冒険手帳ホルダーというかっこいい? ケースをいつでも持って歩ければいいなあっと…

iPhoneはいつでもポケットから取り出せるので、カバンとかデイバッグに入れている手帳を取り出しやすい方法って考えたのが「冒険手帳ホルダー」案

t_IMG_0605

書くだけじゃなくて撮影して記録もしておきたいですよね。

スマホを持っていれば、好きなもの、びっくりしたこと、珍しかったことを撮影して記録するのは簡単です。

 

スマホで撮影するのは簡単でいいのですが、時間が経って見直した時に、なぜ撮影したのかな? なんてことがありませんか。

見た目の驚きだけではなくて、自分が知った、発見したという驚きの感情を書き留めておくのも大事なんですね。

記録するだけではなくて、自分の心の中に生まれた思いも含めて取り込んでしまうのが発見なのです。

会社の帰り、お休みのブラブラ歩き、買い物の時、どんなときでも画像と感動を記録できるように準備しておけるのが発見の手帳ケースなんですよね。

って事で、

(このあたりのことは梅棹忠夫先生の「知的生産の技術」、マイナビ新書の「知的生産の技術とセンス」からの引用とヒントがたくさん入ってます)

 

メモとペン、iPhoneは一緒になっていなければならない。

メモは立ちながらでも書きやすい野帳ですよ(私はやちょらーです)

ならばそんなケースを作ってみようじゃないのって紙で試作してみたところ、意外と大きいし重くなるんですよ。

でも使い勝手としては良さそうです。

t_IMG_0635 t_IMG_0636

お次はコピー用紙で作った試作ケースをばらして、そのパーツの大きさに革を切って、縫うだけ

iPhoneもケースに入れるので、取り出しやすいようにポップアップの仕掛けも仕込んでます。

右がケースの裏側なんですが、チラシを四つ折り、野帳も一緒に入る大きさの余裕があります。(薄くて柔らかい革にしたのはちょっと失敗かも)

いちいちバッグを開けなくてサッと入れておけばいいのです、そして見たい時にサッと見ることができるので、お店までの地図を印刷して持ち歩くにも良さそう

t_IMG_3276 t_IMG_3278

こちらはiPhoneが飛び出す仕掛けです。

ボタンのついたリボンを引っ張ればポップアップするので取り出しやすい。

(取りだした後にリボンがべ〜ってなってるのはなんとかならないものかと悲しんでますが…)

t_DSC00974 t_DSC00975

完成!!!

首から掛けるも良し、斜めがけにするも良し、発見の手帳ケース

t_DSC00977

 

第1試作は完成しましたので、まずは使いはじめてみましょうか。

やっつけ仕事なもので、ほんとに使いやすいのだろうか。

iPhoneは取り出しやすいの?

ペンは1本でいいのか? などなど悩み始めています…何かが足らない気がする

投稿者:たまぞー
投稿日:2015/03/07 8:45:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る
Dog